KMKMのブログ

思いついたこと書いてます

モンスターハンター メダルハンティングGでジャックポットしたい

 

2017年から稼働している(バージョンアップした)モンスターハンター メダルハンティングG」。この記事では一度でも良いからジャックポットを獲得してみたい、長く遊んでみたい人向けに、メダルを2万枚以上入れてわかった情報を書き残しておきます。

 

 

Q.ジャックポットを獲得するには?

A.とにかくボールを落としてルーレットを回転させる。回転率こそすべて。片っ端からメダルを入れまくってボールを押しまくるのだ。

…この記事では
・メダルの儲けは考えない方針で、メダル資産1000枚↑スタート
・運と試行回数と無限の時間消費(30時間プレイしてもSJP来ない時は来ない)

以上2点の注意事項にOKな方向けの内容となっています。

 

1.基本情報(台選び)

Q.どの台選べば(ハイエナすれば)いいの?

A.狙いたいジャックポットによる。

リオレウスJP(一撃JP)→クエストステップが3つ以上 or トレジャーチャンスが3つ以上
ジンオウガJP(狩猟JP)→アイテム(大タル爆弾、閃光玉、落とし穴)が全て揃っている大連続JP(一撃+狩猟JP)→大連続チケットがある
SJP(アマツマガツチJP、ラオシャンロンJP)→SJPステップが2つ溜まっている

このゲームでは2画面を使った大画面の魅力が特徴です。上画面と下画面に上記の情報が乗っているので、見てみましょう。

1-1.上画面(ジャックポット、トレジャーボーナス、ハンター、フィールド)

f:id:nikoniko1934:20200106122904p:plain

上画面

ジャックポット
言わずもがなジャックポット。当選時の払い出しメダルは1000枚から。下限枚数、上限枚数は店ごとの設定によって変わる。誰かがジャックポットを当てるとリセット。

リオレウス(一撃JP)
ジンオウガ(狩猟JP)
アマツマガツチ(SJP大当選)
ラオシャンロン(SJPミニ当選)

の4種類が存在する。お店によってJP下限枚数と上限枚数が異なる。(1000~2000枚スタート、上限5000~10000枚)

リオレウスジンオウガアマツマガツチはメダルを入れるたびにジャックポットが少しずつ貯まる。ラオシャンロンはクエスト抽選で溜まっていくので増えにくい。

 

・トレジャーボーナス
画面左下。メダルを入れるとトレジャーボーナス獲得に向けたトレジャーチャンスゲージが増加する。何枚か投入すると少しずつゲージが増加する仕組み。

ゲージがMAXになると上画面でハンターが狩猟、または採取活動を行い、結果によってトレジャーを獲得or未獲得する。(確率で狩猟クエストやアイルークエストに変化する)

トレジャーはの2種類。それぞれのトレジャーが5つ貯まるごとにトレジャーボーナス(ルーレット)が発動する。

 

・ハンター
画面右下。1~4人、スロットでの当選結果に応じて変動する。スロット当選時のメダル排出枚数が変化し、1ライン毎に15>20>25と5枚ずつ増えていく。4人揃うと確率変動獲得チャンスへと突入する。

・フィールド(筐体の方ではない)
画面左上。時間経過でフィールドが森林、火山、雪山、砂漠のいずれかに変化する。フィールド毎に演出がちょっと変わる。(同じ内容だがハンターの装備が違う)また、討伐クエスト時の出現モンスターも変わる(討伐クエスト時の内容は全て一緒)。

 

1-2.下画面(スロット、アイテム、クエストチャレンジ、大連続チケット、SJPステップ)

f:id:nikoniko1934:20200106130130j:plain

下画面

・スロット

フィールド(筐体の方、プッシャーに付いている)の赤、緑、青のチャッカーにメダルが入ると回転する。色毎にリールが対応しており、赤(右上・中央・真下)、緑(真上・中央・真下)、青(左上・中央・右下)の部分が回転する仕組み。

回転中にチャッカーにメダルが入ると下にあるスロットのストックが増える(最大6回まで)。複数箇所でストックが溜まっていると最大3リール(赤緑青全部)が一度に回転する。3リール回転だとリーチの当選期待率も上がるのでなるべく3リール回転を維持したい。


・アイテム

画面左上の3つのアイコン。左から「閃光玉」「大タル爆弾」「落とし穴」。クエストチャレンジでそれぞれ獲得できる。ジンオウガJP(狩猟JP)を狙うならこれ全部光っている台からスタート推奨。最終抽選までの到達率がかなり上がる。


・クエストチャレンジ

左にある5つのボールのアイコン。フィールド(筐体の方)にある黄色いボールが落ちるとボールステップが点灯する。5ボール分貯まるとクエスト抽選が発動する。

・大連続チケット

左のクエストチャレンジに「大連続チケット」が付いていたら、ジャックポット時に大連続JP(リオレウス+ジンオウガJP)に挑戦できる。一度挑戦するとチケットは消える。チケットはギルドスロット、トレジャーチャンスで獲得できる。

f:id:nikoniko1934:20200106150910j:plain

大連続チケットアリ

・SJPステップ

右にある3つの丸いアイコン。クエストチャレンジでSJPステップを引くと1つずつ点灯していく。3つ貯まるとSJPチャレンジが発動する。SJP狙うなら2つ点いてる台から。

 

2.ジャックポット当選までの流れ

Q.どのジャックポットを狙えばいい?

A.アイテム3つ揃ってるならジンオウガ。揃ってなかったらリオレウス

2-1.クエスト抽選突入(ボールステップ or トレジャールーレット)

f:id:nikoniko1934:20200106152945j:plain

エスト抽選獲得(ボールステップMAX)

ボールが5つ落ちて、ボールステップがMAXになるとエスト抽選が発動する。

f:id:nikoniko1934:20200106152651j:plain

トレジャールーレットでクエスト抽選獲得

もしくは、ボールステップを貯める他に、トレジャーボーナスが5つ貯まるとトレジャールーレットが発動する。ルーレットでクエスト抽選を引き当てればボールステップ関係なしにそのままクエスト抽選が行える。こちらで抽選を行ってもボールステップは維持される。お得。

・クエスト抽選

f:id:nikoniko1934:20200106155457j:plain

ルーレット(クルーン)

フィールドの脇にあるクルーン(ルーレット)に透明なボールが出され、ルーレットを行う。ルーレットの結果次第でジャックポットの挑戦権利を獲得する。

f:id:nikoniko1934:20200106151105j:plain

エスト抽選

エスト抽選の結果

・赤JPクエスト獲得。リオレウスJP(一撃JP)、ジンオウガJP(狩猟JP)、大連続JPに挑戦できる。
・青ギルドスロット。ボタンを押してルーレット抽選。
・緑アイテム獲得。位置に対応したアイテム(閃光弾、大タル爆弾、落とし穴)をゲット。すでに入手している場合は、メダル払い出し25枚+ラオシャンロンJPに50枚上乗せ。
・黄SJPステップ+1とメダル払い出し25枚。この時点でSJPステップが3つ溜まった場合、メダル払い出しはなく、そのままSJP挑戦権利獲得。

 

・ギルドスロット

f:id:nikoniko1934:20200106160637j:plain

ギルドスロットのラインナップ

エスト抽選でギルドスロットが当選すると、ボタンで押して決める高速ルーレットがスタートする。ラインナップはSJPステップ+1やジャックポット抽選もある。が基本的にはメダルかボールステップ+2ばかり当選するので目押しはできない。

ギルドスロットのラインナップ

ジャックポットJPクエスト獲得リオレウスジンオウガ、大連続に挑戦できる。
・SJPステップ+1→SJPステップ1つ加算。3つ溜まってたらSJPクエスト獲得。
・大連続チケット→次回以降のJPクエスト時に、大連続JPに挑戦できる。
・ステップ+2直接クエストチャレンジのボールステップが2貯まる。(ボール投下ではない)
・メダル→25枚 or 50枚払い出し。

 

2-2.JP選択(リオレウス or ジンオウガ or 大連続)

f:id:nikoniko1934:20200106183110j:plain

JPクエスト獲得

見事JPクエストを獲得すると、挑戦するジャックポットを選ぶ事ができる。選べるのは「リオレウス(一撃JP)」、「ジンオウガ(狩猟JP)」。そして大連続チケット所持時のみ、「大連続JP」へ挑戦できる。

 

2-3.JPクエスト(リオレウス)

f:id:nikoniko1934:20200106211527j:plain

JPクエスト、クルーン登場

リオレウスJPチャレンジは一撃JP。2画面の上画面が上がり、中にある抽選クルーンからルーレットが始まって間もなくボールが排出される。ボールが転がって下の穴に入り、穴の底に着いた瞬間に抽選が確定する。

絵柄は50,100,150,300,リオレウス,リオレイアのいずれか。リオレウスを引くとリオレウスJP。リオレイアJPはミニ当たりで、700枚払い出しされる。

 

2-4.JPクエスト(ジンオウガ)

f:id:nikoniko1934:20200106212519j:plain

ジンオウガJP、落とし穴に落として最終抽選確定

ジンオウガJPは狩猟JP。まずはジンオウガとの対決を行い、体力を削る必要がある。

f:id:nikoniko1934:20200106213025j:plain

クルーンでの抽選を3回(3球)行い、ジンオウガの体力を3撃分削りきれば最終抽選。一撃当てるたびにメダル+25枚確定。一撃も入らなかった時の最低保証は25枚。オーバーキルでも一撃当たりのメダルは貰えるので、ハンター2撃+落とし穴(3撃)だと5撃分のメダルが追加で貰える。

事前に入手しておいたアイテムはこのJPでのみ活用される。一度ジンオウガJPに入ると獲得したアイテムは全て消費される。単純にクルーンでの最終抽選への当たり確率が2/6→5/6まで増加するので、なるべくアイテムは全て揃えた状態で挑みたい。

クルーン数字毎の結果

1→ハンター攻撃×2。2撃分のダメージを与える。
2→ハズレ or 大タル爆弾。大タル爆弾だと1撃+部位破壊(払い出しメダル+150枚)
3→ハズレ。
4→ハズレ or 閃光弾。閃光弾だと1撃+目くらまし(1,2球目は次回ハズレなし、3球目は4球目追加)
5→ハンター攻撃×1。1撃分のダメージを与える。
6→ハズレ or 落とし穴。落とし穴だと3撃。一発で最終抽選確定

※大タル爆弾使用後の次のターンの2、閃光弾効果の1ターン後(閃光弾当選の2ターン後)の4はハズレとなる。

 

ジンオウガの体力を削り切ると、最終抽選へと突入する。リオレウスJPと同じように、筐体の上の抽選クルーンからルーレットが始まって間もなくボールが排出される。ボールが転がって下の穴に入り、穴の底に着いた瞬間に抽選が確定する。

絵柄はクエスト失敗(対決時に与えたメダル分払い出し、もしくはそれにボーナス)か、クエスト成功(JP、JP分に上乗せボーナス)のいずれか。

 

2-5.大連続狩猟JPチャレンジ(ジンオウガ+リオレウス)

f:id:nikoniko1934:20200106213852j:plain

大連続JP、最終抽選への壁が高い

大連続チケットを持っている時に挑める、一撃JPと狩猟JPを両方総取りできる夢のようなJPチャレンジ。

リオレウスの一撃JP抽選(筐体上でのクルーン抽選)を2回行うようなもの。1次抽選と最終抽選があり、1次抽選ではNEXT(最終抽選)を引かなければならない。

絵柄は100,150,300,NEXT(最終抽選)のいずれか。

最終抽選はもう一度筐体上でのクルーン抽選を行う。絵柄は300,JP(ジンオウガ+リオレウス)のどちらか。

当たる確率はものすごく低いが、店の設定によっては最大19,998枚JPを狙える。

 

2-6.SJPチャンス(アマツマガツチ or ラオシャンロン)

f:id:nikoniko1934:20200106214850j:plain

アマツSJPはまだ来ない

SJPステップを3つ貯めるとスーパージャックポットに挑戦できる。リオレウスの一撃JPが少し豪華になったものだと考えればいい。

絵柄は100,150,300,アマツマガツチJP,ラオシャンロンJPのいずれか。

そもそも挑戦できる回数が少ないため必然的にジャックポットが高くなる。特にアマツ。ラオシャンロンはいつの間にか誰かに当てられてることが多く、2000枚以上の当たり枚数は期待できない(そもそも貯まりづらい仕組みなのもある)

2-7.JPに当たったら

おめでとうございます。大量のメダルが払い出されて。おそらく払い出しメダル切れで店員さんを呼ぶことになるでしょう。また、使い切れないほどのメダルを手にして、メダルバンクへの登録が必要になるでしょう。(入手できるメダルは払い出しメダルの半分ぐらいです)

2000枚以上のJPに当たった場合、メダル払い出しの流れでフィールド上のボールが全て落とされて一掃されていることでしょう。つまり払い出しが終わった瞬間にいきなりクエスト抽選になります(2回連続とかもままある)

以後、同じ台で続ける場合はまずはボールの確保が必要になります。幸い、フィールド上のボールが少ないとスロットでのボール柄が当たりやすい傾向になるため、引き続きJPを狙う場合はまずはボール投下を狙い、フィールド上にボールを溜め込みましょう。

 

3.スロット(絵柄、リーチ演出)

ジャックポットの仕組みがわかった所で、ここからはボールを落としてもらうためにスロットをとにかく回しましょう。

スロットの絵柄は1→2→3→4→5→6→7→8→ボール→1…の順。当たった絵柄毎にメダル排出に追加効果が発生します。


数字毎の当たり効果

1,3,5(赤) ハンター上昇+メダル排出(排出量は上昇前のハンター人数依存)
2,4,6(青) ハンター減少+メダル排出(排出量は減少前のハンター人数依存)
7(黄)    確率変動確定+メダル排出
8(緑)    メダル排出
ボール    ボール排出

数字の当たりやすさが明確で、8=ボール>青(2,4,6)>赤(1,3,5)>>>7。

f:id:nikoniko1934:20200106222543j:plainf:id:nikoniko1934:20200106222531j:plain

5ライン当選を信仰しましょう

 

ついでにメダルをもっと出してくれるかもしれない期待を込めてリーチ演出の一覧を見てみましょう。

3-1.リーチ演出の流れ

このゲームでは複数のリーチ演出が重なって絵柄が決まることが多々あります。(放出期はそもそも演出なしでスロットが当たる場合もある)便宜上「一次リーチ演出」と「二次リーチ演出」と呼びます。

 

・一次リーチ演出

スロット回転時に入る演出。
・?マーク or!マーク演出
・アイテム演出
・アイルー&プーギー演出
・予告演出
・英雄の証演出

が該当する。ここで絵柄が決定する時もある。ここで失敗or期待度低の演出の場合はそもそもリーチにならない。ここでのリーチ演出が二次リーチ演出での期待値も上下する。

 ・二次リーチ演出

本格的なリーチ演出。ボタン連打が絡む。ここでの結果でスロットが当たるかどうか決まる。
・ハンター絵柄破壊演出
・イヤンクック逃走演出
・肉焼き演出
・プーギーレース演出
・狩猟演出(ハンター上下あり)
・狩猟演出(ハンター上下なし)
が該当する。同じ演出でもリーチ絵柄によって期待度も異なる。(当たりやすさは8>>>赤(2,4,6)だったり)

 

3-2.リーチ演出詳細

※期待度はあくまで3リール回転時。1~2リールだと同じ演出でも期待度は下がる。

 

?マーク or!マーク演出【出現率:大】【期待度:低~大】

スロット回転時に「?」や「!!!」などの文字が出てくる演出。このリーチだけで当たることは少なく、2次リーチの期待度に影響してくる演出。

「?」「???」【期待度:低】
?マークだけ出てきた場合はそもそも当たらない、または二次リーチの期待度も低い。はなからハズレ扱いでいい。

「!」「!!!」【期待度:中】
!マークがいくつか出てきたらリーチに繋がりやすい。ただし二次リーチの期待度は低い。

「!!!!!!」【期待度:高】
!マークがたくさん出てきたら良い絵柄が出やすい。二次リーチの期待度も中~大くらいはある。

アイテムリーチ演出(ドキドキノコ、大タル爆弾、鬼人薬)【出現率:大】【期待度:低~高】

スロット回転時にストックにアイテムアイコンが現れるのが特徴。この演出で失敗するとハズレか、もしくはリーチにすらならずハズレ。

・ドキドキノコ(紫のキノコ)【期待度:低~中】
ハンターがキノコを食べる。むせると失敗。成功すると緑の回復エフェクトがハンターを包む。その後の2次抽選の期待度は低。

・大タル爆弾(赤いタル)【期待度:中】 
ハンターが大タル爆弾と小タル爆弾をセットする。ブルファンゴがハンターに向かってくる。爆弾でブルファンゴが倒れたら成功。ハンターがふっ飛ばされたら失敗。成功後の2次抽選の期待度は中。

・鬼人薬(赤いドリンク)【期待度:高】
必ず成功するドキドキノコ。飲むとハンターに赤いエフェクトが出る。次の2次抽選の期待値も高いので、期待値大。

 

アイルー&プーギー演出【出現率:大】【期待度:低~高】

f:id:nikoniko1934:20200108012549j:plain

プーギーが右から歩いてくる演出。プーギーの柄、同時に現れるアイルーによって期待度が上下する。

・プーギーのみ or プーギー&アイルー【期待度:低】
プーギーだけが歩いてくる、または左からアイルーが一緒に歩いてくる演出。そもそもリーチすらしないことが多い。

・料理長アイルー登場【期待度:中】
プーギーとアイルーに加えて、中央から料理アイルーがこちらに向かって歩いてくる。リーチから何かしらの柄が当たる可能性がある。

・タル爆弾アイルー登場 or 天使のレオタードプーギー【期待度:高】
料理アイルーに加えて、タル爆弾を持ったアイルーが出て爆発する。または、最初のプーギーの服が天使のレオタード(Gの文字が入った服)だった場合は期待度大。何かしらの柄が当たる。爆発オチだと2次リーチでの期待度は中。天使のレオタードプーギーの場合は2次リーチの期待度も大。

 

予告演出【出現率:小】【期待度:大】

二次リーチでの「狩猟クエスト(ハンター上下なし)」「狩猟クエスト(ハンター上下あり)」は、一次リーチ時点で予告(対象モンスターとクエスト名)が来る時がある。その場合、次の二次リーチでの期待度がかなり増す。

また、イビルジョー乱入の予告も登場する。ただし乱入の確率が上がるだけで、確定ではない。

 

英雄の証演出【出現率:極小】【期待度:大】

スロット回転時に、英雄の証(いつものテーマ)が流れたら期待度大。「7確定リーチ」か「イビルジョー乱入」のどちらかが発生する。

・7確定リーチ
演出後に7リーチが来た場合、7確定。その後にどんな二次リーチが来ても必ず7があたる。

・イビルジョー乱入
イビルジョー乱入演出が入る。ただし乱入が確定するわけではない。

 

ハンター絵柄破壊演出【出現率:大】【期待度:中】

f:id:nikoniko1934:20200108010106j:plain

双剣、太刀、ガンランス、大剣、ランサー、ハンマーのハンターが絵柄を破壊する。リーチしている絵柄にたどり着けるまで行う。3リールだと期待度は高め。特に最後にボタン連打指示が入った場合、当たり確定レベル。

 

イヤンクック逃走演出【出現率:中】【期待度:低~大】

f:id:nikoniko1934:20200108012239j:plain

ハンターがリーチ絵柄を持ってイヤンクックから逃走する演出。必ずボタン連打指示が入る。逃げ切れれば当選。リーチしている絵柄によって露骨に当たり率が変わる。8だとほぼ確実だが、赤(2,4,6)や青(1,3,5)は失敗しやすい。

 

肉焼き演出【出現率:大】【期待度:大】

f:id:nikoniko1934:20200108223410j:plain

ハンターが肉焼き機で絵柄を焼く。最後のボタンを押す指示が入る。3リール時はボタンを押せば絵柄が大体当たるが、そもそもリーチ絵柄が8ばかり。

 

プーギーレース演出【出現率:中】【期待度:中~大】

f:id:nikoniko1934:20200108223652j:plain

村でプーギーレースを行う。プーギーの服がスイカ柄なのがあなたのプーギー。もし服が天使のレオタード(Gの文字が入った服)だった場合は当選確実。

この演出は「スタートダッシュ判定」→「ラストスパート判定」の流れがある。

・スタートダッシュ判定【成功率:低】
最初にボタンを押して、スタートダッシュが成功するかどうか決まる。この判定で成功(1位スタート)が決まった場合、当選確実レベル。失敗した場合、少し遅めに走り出すが、期待度はまだある。成功率は低め。

・ラストスパート判定【成功率:中~高】
ボタン連打を行って、プーギーがラストで追い上げできるかどうかの判定。スタートダッシュに失敗しても、ここでの行動によっては当選する時もある。絵柄が8やボールだと連打すれば勝ちやすい。

 

狩猟演出(ハンター上下あり)【出現率:中】【期待度:低~中】

f:id:nikoniko1934:20200108010323j:plain

赤(2,4,6)と青(1,3,5)のダブルリーチ時に入る演出。赤柄(ハンターUP)、青柄(ハンターDOWN)、ハズレのいずれかの結果となる。

・ドドブランゴ狩猟
イャンガルルガ狩猟
・ナルガクルガ狩猟

が該当する。演出のでやすさはほぼ均等。成功率としてはドドブランゴ>ナルガクルガ>イャンガルルガ

この演出は「命中判定」→「回避判定」→「トドメ判定」or「逃走判定」の3段階。

・命中判定【成功率:低】
ハンターがモンスターへの初回攻撃を行おうとする。ボタンを押して判定する。(もしボタンを押さなかった場合失敗率高め?)ここで攻撃が当たった場合、回避判定を飛ばしてトドメ判定へと移る。ほぼ当選確実。しかし大体咆哮されたり回避されたりで当たらない。

・回避判定【成功率:中】
命中判定に失敗した場合、モンスターから反撃が来る。それをハンターが回避できるかどうか、自動で行われる。回避成功時はハンターが反撃し、トドメ判定へ。回避失敗時はモンスターからダメージを受け、逃走判定へ。

・トドメ判定【成功率:低~中】
ハンターから反撃を受けたモンスターが弱って、逃げようとする。ボタン連打でハンターがトドメを刺せるかどうか判定する。逃げられた場合、単純にハズレ。成功時、絵柄が確定し、ハンターが増加する。たまに演出中に追加ハンターが登場する。その場合は赤(2,4,6)が確定し、トドメを刺せる。 

・逃走判定【成功率:極低】
基本的に青(1,3,5)確実。ハンターがモンスターからトドメを受けずに済むか、ボタン連打で判定する。本当に極稀に追加ハンターが支援して赤(2,4,6)になるが、まずこの判定に入った時点でハンターがやられて青(2,4,6)、ハンターDOWN確定となる。

 

 狩猟演出(ハンター上下なし)【出現率:小】【期待度:低~中】

f:id:nikoniko1934:20200108010510j:plain

絵柄1つ(または8+ボール)リーチで見る、ハンターとモンスターとの戦いの演出。モンスターを狩れたら当たり。基本的にボタン行動は無い。が、

・ボタン連打が出た場合は3リール時はほぼ当選確実。
・演出開始時にハンターの隣にオトモアイルーが居た場合も当選率高め。低確率でアイルーが狩猟を手助けしてくれるボタン押し演出が入り、その場合も当選確実。

ババコンガ狩猟
ショウグンギザミ狩猟
ティガレックス狩猟
ディアブロス狩猟
グラビモス亜種狩猟

が該当する。出現率はババコンガ>>ショウグンギザミ>>ティガレックス=ディアブロス>グラビモス亜種。8やボールリーチではティガレックス以下のモンスターにはならない?

その他要素

トレジャーボーナス

f:id:nikoniko1934:20200106144332j:plain

こちらは機械抽選のボタン押しルーレット。、それぞれでトレジャーボーナスが発動する。赤トレジャーでのみ「大連続チケット」の獲得チャンスがある。

 

【トレジャーボーナスでの抽選結果】
・メダル
→25枚(青) or 50枚(赤)のメダル払い出し。
・ボール→ボール1つ、フィールド投下
・クエスト抽選エストチャレンジ直接獲得。これでクエストチャレンジを行ってもボールステップの数は維持される。おいしい。
・大連続チケット(赤トレジャーのみ)→大連続チケットを獲得。大連続JPへの挑戦権を得る。あくまで挑戦権利のみでジャックポットへは行けない。ダブってもチケットが2枚にはならない。(最大1枚まで)

 

討伐クエス

f:id:nikoniko1934:20200107213649p:plain

低確率でトレジャーボーナスでこれに化ける。現在ハンターがいるフィールドによって狩猟モンスターがイヤンクック、フルフル、ダイチョウサザミ、グラビモスに変化するが内容は一緒。

f:id:nikoniko1934:20200108092319j:plain

メダルを使うミニゲームで、40秒の制限時間以内にチェッカーにメダルを6回通す。2回通すたびに20→40→90と払い出しメダルが増していく。

6回通しに成功すると、90枚払い出し後に追撃チャンスが発生し、もう一度同じ40秒6チェッカーのミニゲームを行う。これで6回通し成功して狩猟成功すると、赤トレジャーが一気に3つ貰える。

f:id:nikoniko1934:20200108013116j:plain

メダルの払い出し的にも、トレジャー回収的にもおいしいのでメダルをバカ入れする覚悟でどんどん突っ込んで置くと後々の回収に響く。その場でのリターンは薄いけど。

もしモンスターの体力が残っても、フィールドが切り替わるまでは体力の状況は維持される。もう一度トレジャーチャンスから狩猟クエストに変化するのを祈ろう。

 

アイルークエス

f:id:nikoniko1934:20200108093245j:plain

低確率でトレジャーボーナスからアイルークエストが発生する。現在のスロットは一時中断される。アイルー農園で、ハンマーを使って虫取りをする。

上下するゲージの目押し演出で、ボタンを押してゲージMAXを狙って止める。結果に応じて「トレジャー1個」「トレジャー2個」「トレジャー2個+メダル20枚払い出し」になる。

獲得できるトレジャーの種類は主に青トレジャーだが、低確率で赤トレジャーになる時もある。目押しができるのでゲージMAX、最低でも8割ゲージを必ず押しておきたい。

イビルジョー乱入(もうひとつのJPチャレンジ)

 最大報酬がダイレクトJPクエス。逃すな。

f:id:nikoniko1934:20200107234358j:plain

スロット回転後にイビルジョーのブレス(ドス黒い煙)がスロットを包むことがある。そのまま消えることもあるが、画面全体に煙に広がって「WARNING」の表示が出るとイビルジョー乱入クエストが始まる。

メダルを使ったミニゲームで、狩猟クエストより難易度が上がったバージョン。
「20秒以内にチェッカーにメダル3回通す」→「20秒4チェッカー」→「20秒5チェッカー」と最大3回チャレンジがある。報酬も成功する度に上手くなり、メダル10枚→50枚→120枚→ダイレクトJPクエスへと変化する。

抽選によらないJPクエストへの挑戦権、が最大のうま味。(払い出し枚数自体はJPクエストの結果次第では上回ることはあるが) メダルを大量に消費するが、JP狙いならぜひメダルをバカ入れしてでもダイレクトJPまでミニゲームを成功させたい。

 

確率変動(チャレンジ、継続も含め)

スロットの結果でハンター人数が4人になると、「確率変動チャレンジ」が発動する。ラージャンの攻撃を回避し続けることに成功すると、「確率変動モード」へ突入する。

f:id:nikoniko1934:20200108013446j:plain

確率変動チャレンジ
ラージャンの攻撃をレバーを左右どちらかに倒して回避する。回避指示が出るので指示された方にレバーを倒せばいい。回避方向が不明な時は、運に任せて適当に倒す。
必要な回避回数は3回 or 5回。1回目の回避後にラージャンがブチギレ(金獅子モード)になったら回避回数が5回になる。キレなかったら3回。
全回避成功で確率変動モードへ。回避に失敗するとチャレンジ失敗。ハンターが1~3人減り、通常モードに戻る。

f:id:nikoniko1934:20200108012859j:plain

または、スロットで7を揃えると、そのまま確率変動モードへと突入する。

正直ハンター4人揃ってでの確率変動チャレンジは期待度が低い。そのまま確率変動に行けた回数が少ない。特にラージャンがキレた(金獅子)場合、5回目の回避(回避方向不明確定)が成功した確率は数%レベル。殺しに来ている。青(2,4,6)でハンターDOWNしなかった代わりにここでハンターの人数減らしを行っているのではないか、というぐらいには。モード突入自体はスロットで7を揃えてからの確率変動パターンを期待したほうがいい。

確率変動モード
・スロットストック1つで3リール回転
する。モード中は左と右のチェッカーのみ反応し、最大18ストックまで貯められる。(モード終了後にストック数は引き継がれる)
リーチが出たら絵柄確定
・スロット当選時のWINレートが1ライン30枚
・制限時間は1:30(90秒)

 確率変動モードでは回収期 or 放出期が露骨に影響し、出る時は5ライン150枚出るし出ない時はまったくリーチしない。ただ放出枚数自体は並のJPを引くよりは多い。

継続チャレンジ
制限時間が訪れてモード終了後、確率変動モードの継続チャレンジが行われる。内容は確率変動チャレンジをもう一度行う。確率変動モードでの払い出し枚数、または継続回数に応じて成功率はどんどん下がっていく。

継続モードでの払い出し枚数が800枚以上 or 確率変動モードが3回以上継続のどちらかを満たした場合は、ほぼラージャンはキレるし回避方向が不明になる。5回以上継続できた試しがない。

ただし継続チャレンジでのみ、低確率で継続モード復活演出がある。

 

確率変動モード復活演出【出現率:極低】
ハンターたちが倒されたあとに、地面からアイルーが飛び出て回復笛を吹く。ハンターたちが立ち上がり、「復活!」の文字とともに確率変動モードが継続する。

 

緊急集団クエス

f:id:nikoniko1934:20200107224529j:plain

複数席でプレイしている時(3席以上プレイ中)でのみ低確率で発動する。このクエストは全席(サテライト)のプレイヤーが参加する。

・狩人たちの食卓
アカムトルムを討伐せよ!

のどちらかが発生する。どちらもメダルをチェッカーに入れるミニゲーム

 

f:id:nikoniko1934:20200108005658j:plain

・狩人たちの食卓
制限時間(40秒?)以内にとにかくチェッカーにメダルを入れる。1枚入る度に10枚即払い出し。最終結果で一番多く入れたプレイヤーに100枚、2位は80枚、3位は60枚…と追加ボーナスが貰える。

とにかくメダルを入れまくる。チェッカーに入るとメダルが10枚出る。連鎖的にチェッカーに入っていってメダル払い出しが途切れないようになる形が理想。目指せ1位。300枚払い出しを狙おう。

 f:id:nikoniko1934:20200107213312j:plain

アカムトルムを討伐せよ!
討伐クエストの協力版。14秒以内に最大3回チェッカーにメダルを入れる。これを3ターン(3回)。1枚チェッカーに入れる毎に9枚払い出し加算。払い出しは後払い。プレイヤーが協力してアカムトルムを討伐できたら、払い出しメダルが1.2倍される。

なるべく3ターン全て3撃(3回チェッカー)入れたい。参加プレイヤー次第で体力は変動すると思われるが、「全プレイヤー3撃を2ターン」が最低ノルマ。これでもトドメさせない。

また制限時間中は3回超えてもチェッカーに入った分、払い出しが加算される。余裕があったら更にメダルを入れれば払い出しはどんどん増えていくのでやってみよう。

 

昇格確定チャンス

f:id:nikoniko1934:20200108100641j:plain

青(2,4,6)の柄が当たった際、低確率で昇格演出が入り、確率で昇格確定となる。
青(2,4,6)→赤(1,3,5)に変化する。ハンター人数UP確定。

ジンオウガ昇格演出
・ハンター昇格演出
の2つが該当する。

ジンオウガ昇格演出
青(2,4,6)柄が当たった際に、青い電撃とジンオウガのBGMが流れる。そのまま電撃で画面が埋まってジンオウガが現れたら昇格確定。

ハンター昇格演出
青(2,4,6)柄が当たった際に、斬撃エフェクトと英雄の証BGMが流れる。もう一度斬撃が入って大剣ハンターが現れたら昇格確定。

 

 

気になるところ(考察点、要検証、思い込み)

・ルーレット(トレジャーチャンス、ギルドスロット、クエスト抽選


)は目押しできる?または確率は?
・現在のフィールドによってはメダルの払い出しに差がある?(フィールドで回収期と放出期の判断ができる?)

 

質問点

Q.ルーレット(クエストチャレンジ、トレジャーチャンス、ギルドスロット)は目押しできそう?

A.難しい。
 クエストチャレンジ(クルーン)は最速突入での入る穴(ポケット)の抽選結果に偏りがあるのでおそらく初期位置からある程度結果を予測できるかもしれないが、2席で1つのルーレットを共有するので他の席で回されたら結果は固定できないし、そもそもルーレット終了後もある程度回転するので狙い撃ちはできなさそう。
 トレジャーチャンス、ギルドスロットはそもそも機械抽選なのでアテにしてはいけない。メダル、ボール率が高いわりにクエスト抽選、ジャックポット、SJPステップは極低確率のため見掛け倒しのルーレットの可能性大。

Q.何枚入れて何回JP引いた?

A.20000枚以上(内10000枚課金+9000枚以上当選+メダル提供*1で1000枚)入れてジンオウガJP×1、リオレウスJP×2、リオレイアJP×1、ラオシャンロンJP×1。アマツJPと大連続は未だなし。

Q.回収期と放出期ってマジである?

A.ある。放出期は8の5ラインが連続であたったりする。回収機は3リール回転でもリーチ演出が失敗しまくるか、そもそもリーチこない。それぞれ大量のメダルが排出されたor回収された直後ではなく、ある程度経過してからそれぞれの時期に移る感覚がした。

Q.(JPの)最終抽選、当たるパターンとかある?

A.あるにはある。ボールの左右の揺れが収まって中央から転がっていくときに、回転しているフリッパーに何回か弾かれて時間稼ぎをして貰う必要がある。フリッパーに引っ掛からなかった場合でのJP当選率は高くないかも。(実際JPの1個手前and手奥の柄で確定することが多々あった)

Q.メダルハンティングGの筐体、どこにあるの?

A.わからない。自分で調べるなり片っ端ゲーセン探るなりして調べよう。設置当初(2017年)は設置店情報が公式サイトに掲載されていた(アーカイブ参照)が、カプコンがアーケード事業から実質撤退(サポート終了)してからは設置店情報が消されて確認できない。コメント欄とかに確認日付も合わせて教えてほしい。この記事ではお台場のダイバーシティ東京にあるラウンドワンでプレイした。(2019年12月当時)

ゲームセンター公式Twitterの情報からだと

は確認できた。

Q.モンハンメダルの続編(新作)出たらやりたい?

A.やりたい!けど絶望的。前の質問で書いたけどカプコンアーケードゲーム事業から実質撤退したため。(今のカプコンアーケードゲームのサポートは他社が行っている)

 

*1:他の方から「メダル入ります?」で頂いたもの